home > オンラインシラバス > 21〜24年度入学生用

21-24logo.gif(5890 byte)

科目名教職総合演習 [国際]
担当教員福嶋秩子、本間善夫、庭野克子
Fukushima, Chitsuko; Honma, Yoshio; Niwano, Katsuko

コード21501001授業形態演習単位数2

学科科目区分sem.必修/
選択
国際地域
教職科目
6
子ども


健康栄養



履修上の留意事項


授業目標

教科を越えた総合的・横断的な課題について学び、学校教育のあり方について考える。複数の課題に焦点をあてて討議や発表を行い、理解を深める。

授業計画(授業スケジュールと内容)

3人の講師が担当し、福嶋は「国際理解」「人権」、庭野は「現場体験に基づく課題」、本間は「生命」「環境」「時事問題」に焦点をあてる。導入講義に引き続き、グループ討議などにより意見交換を行い、自分たちの意見を発表する。

なお、福嶋担当回(第1−5週)・本間担当回(第11−15週)は木曜5限、庭野担当回は火曜3限(第7週の11/12から5週)に行うので注意されたい。

第 1回:(福嶋)オリエンテーション 討議:「地球時代の教育とは?」
第 2回:(福嶋)講義と討議:「異文化理解とは?多文化共生とは?」
第 3回:(福嶋)講義と討議:「ジェンダーと教育」
第 4回:(福嶋)発表と討議:「私の考える国際理解教育・人権教育」
第 5回:(福嶋)講義と討議:「多様性と教育」
第 6回:(庭野)講義「学校その人間化への努力」
第 7回:(庭野)講義と討議「子どもの成長・発達と学びの連続性」
第 8回:(庭野)講義と討議「いきいきした教室の実現」
第 9回:(庭野)講義と討議「子どもを生かす教育評価」
第10回:(庭野)講義と討議「プロ教師を目指して」
第11回:(本間)講義とテーマ選択:生命・環境・情報からテーマを選ぶ意味 ※関係する知識・スキルを自分で身につけておくか該当する本間担当科目を前もって受講しておく必要があります。
第12回:(本間)講義と作業:テーマに沿ったポートフォリオ作成とWeb情報収集
第13回:(本間)講義と作業:広く利用してもらえるまとめ方を考える
第14回:(本間)講義と作業:テーマをまとめる(公開用プロトタイプの作成)
第15回:(本間)発表と討議:評価と今後の課題(後日Webに正式公開)

成績評価方法

出席を含めた授業の平常点、討議への取組、レポート等をもとに、総合的に評価を行う。

教材(テキスト)

中学校・高等学校学習指導要領

備考

参考書:随時、参考資料を配付。