home > オンラインシラバス

科目名インターネット利用論
担当教員本間善夫
Honma,Yoshio
授業コード241901種別講義単位数2

学科科目群sem.選択
必修
国際地域
展開科目地域環境コース 環境・社会関連科目
3選択
子ども


健康栄養



授業目標

 研究者のWebページやブログ開設による情報公開が進み,学生から社会に向けての情報発信も盛んになってきている。個人でもビデオ動画やアニメなどが簡単に掲載できるようになった上に,2009年以降利用者が急増しているツイッターでは,政治,ビジネス,アカデミックなど広範な分野で活用が加速しているなど,今後もインターネット環境の変化は予測がつかない。そのようなネットの今を体験しながら,受講者が学んだことや自ら調べたことをブログやツイッターで発信し続けることでそこに参加する意味を理解する。専門知識だけでなく大学や地域の情報をネットに投じることで,これからの社会を豊かなものにすることができるであろう。
 なお,本間担当科目は教職関連科目を含め『生命|社会|環境|情報|アート』について体系的に学んでもらうことを目的としており,各教科でブログ・ツイッターを利用するので,まず本講義でそのスキルやルール,問題点を把握してもらいたい。

授業計画(授業スケジュールと内容)

 変化の激しいインターネットの最新情報・ツールを即座に利用するため,講義内容や順番が変更する可能性があるが,基本的には以下の順序で講義を進める。
[1]講義の概要説明 *ブログおよびツイッターの利用者登録
[2]インターネットの現在を概観する *テキストエディタの利用
[3]インターネット情報の検索と活用
[4]インターネット利用のルール
[5]Web2.0(ブログ,SNS,YouTube,…)
[6]メディアとしてのインターネット
[7]インターネットと社会
[8]インターネットと地域
[9]大学・研究とインターネット
[10]インターネットとビジネス
[11]インターネットの光と影
[12]Wikipediaへの記事掲載
[13]動画情報の発信
[14]動画ライブ配信
[15]情報発信を継続するために
※インターネット利用論の最新情報(各回の講義内容へのリンク順次追加)
http://www.ecosci.jp/student/#info
※普段の勉学の方法については以下を参照
http://www.ecosci.jp/c/labo.html#passport


成績評価方法

ブログ・ツイッターおよびその他の情報発信活動

教材(テキスト)

Web資料を中心とし,必要に応じてプリント配布。
研究室・演習室の個人蔵書も適宜貸し出し。
高校時代の教科書・参考書(情報,理科,社会,美術など)。

備考

自宅でもインターネットにアクセスできる環境を確保しておくことが望ましい(PC,ネットブック,スマートフォン,携帯情報端末,携帯電話)。